読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派遣教員の身分のついて

在外教育施設について

引き続き文科省より

3 派遣教員の身分,処遇等:文部科学省

 

(1)国内身分

 都道府県からの派遣教員は長期の研修出張に統一

 国立大学附属学校からの派遣教員は東京学芸大学に転籍(出向)の上海外出張、国際教育センターの共同研究員を命ぜられる。

 学芸大の国際教育センターのHPにもいろいろ情報ありそう

(2)派遣先での身分

 外務大臣から公用旅券が発給。官職は「在外公館の嘱託」

 法的地位は国によって異なっている

 詳しくはよく分からないが国を背負っているということか?

 

(3)定期報告

 自己申告及び業績報告を行う。教諭は校長及び教頭に自己申告書を提出後面接を行い、指導助言を受ける。

 現任校でも行っていることと同じようなことか?

(4)評価結果の活用

 評価の結果はA〜Cの3段階。嘱託期間の延長に反映される。ただし延長可能な教員全てが任期延長できるとは限らない。

 派遣は最大4年まで、4年いる教員は評価がAということは間違いなさそうだ

(5)派遣教員家族の就労について

 配偶者家族を認知に同伴することを推奨

 強制とは書いてないが同伴してねってことだろう

 派遣期間中の家族の就労は認めない

 そのために在勤手当を支給しているということ

 派遣教員の家族が学校の支援等を積極的に行うことは望ましいが、それはボランティアでとのこと

 

 海外であろうと教員であることは変わりないので定期報告(自己申告や業績評価)は現在やっていることと変わらないと思われる。一方で家族も一緒に勤務しますよという姿勢ということで家族の協力というか理解は欠かせないことだろう。

 幸い我が家は妻はこの件ではクリアしている。

 公用旅券とはよく分からないが、こういう言葉を見ると日本国内と同じようにいかないというのを実感させられる。ただの興味本位だけでは務まらなさそうだ。

 

派遣教員の職務

在外教育施設について

そもそも在外教育施設とは?

 

2 派遣教員の職務:文部科学省

 

日本人学校

 国内の小中学校と同等の教育を行うことを目的とする全日制の教育施設

 H23年現在88校

②補習授業校

 現地校などに通学している日本人の子供に対し、土曜日や放課後等を利用して日本国内の小中学校の一部の教科の授業を行う教育施設。高等部や幼稚部を併設するものもある。

 H23年現在203校

そして教諭はというと

 通常小学部及び中学部の併設であるので必要に応じ小学部及び中学部を担当

 複式授業や免許外教科の担当を行う

 

私が目指すのは日本人学校

 88校とのことだが、H28現在は?

 別のページにH27現在89校補習校は207校とのこと

 

 そして日本人学校では小中教諭のスキル及び、免許外の授業を行う可能性もあり

 自分の教科のみではまずいということか

 広くいろいろな教科のこともできる必要がある。

 同僚の先生と専門外の教科の話もできるようにしておこう

 

在外教育施設への教員派遣制度

在外教育施設について

日本人学校への教員派遣は文科省が行っている

ということで基本的な情報は文科省

CLARINETへようこそ:文部科学省

これによれば在外教育施設への教員派遣の意義は

①国内と異なる環境にある海外子女に日本国民としての教育を行う

②派遣教員にとっては貴重な教員研修の機会である

派遣の仕組みは

①各都道府県で推薦する教員の選考を行い

文部科学大臣による意欲を行う

(原則として2年)

教諭として派遣されるためには3年以上の教諭経験が必要とのこと

そして

現地の厳しい生活環境、教育条件からくる困難な状況においても忍耐強く同僚と協調

同伴家族とも心身ともに健康

 

自分の気持ちだけではダメってことですね

家族とよく話し合って決めましょうということか

幸い我が家は妻の理解は得られているため大丈夫だが、海外といってもいろいろなところがあるためにこんな条件があるのだろう

軽い気持ちで決めないことが大切

願書配布まで時間はある。関係各位と相談していきたい

 

2017日本人学校採用を目指します

自分自身のこと

教員になり10数年自分の新しい可能性にチャレンジするべく日本人学校への派遣を目指しています。普段の仕事と並行しながらの様々な準備、久しぶりにチャレンジ精神をもち頑張ろうとする30代後半の日々を記録していきます。